雑学

aikoの好きなタイプは「優しい変態」「束縛男子」

aikoの好きなタイプは「優しい変態」「束縛男子」

昔よくaikoさんがパーソナリティを務めたラジオ『aikoのオールナイトニッポンコム』を聴いていたリスナーとしては、絶対見たいと思ったのが、aikoゲスト回の『しゃべくり007』。

ゲストに出演したaikoさんとしゃべくりメンバーのミニコントやトークが、だいぶ面白く、最近で一番笑った。

トークのなかでは、aikoさんの好きなタイプを尋ねる場面もあり、aikoさんが「優しい変態が好きです」と答え、出演者もどよめき。

aikoさんの言う「優しい変態」とは、「私のことだけずっと見て、心のなかまでストーキングしてくるひと」。

束縛男子も全然大丈夫で、むしろ束縛されたいとのこと。

もし恋人に「携帯見せて」と言われても見せられると言い、一度は携帯の着信がすべて元彼の名前で埋まったこともあるとaikoさん。

この束縛行動も、こんなに私に固執するほど愛してくれているんだ、と思っていたと言うaikoさん(しかし、結局その後、その彼とは「ややこしいこと」になったそうだ)。

疑われ、嫉妬され、束縛されることが嬉しいというaikoさん自身も、とても嫉妬するほうで、たとえばキャバクラも、会社の付き合い程度なら仕方ないがほんとうは行かれるのは嫌だと語る。

画像 : 日本テレビ『しゃべくり007』

もう一つ、aikoさんが自分の特徴として話していた「変態性」が、「ストック癖」。

インドア(海外旅行も一度もない)なので、買い物に行ったらまとめ買いをして生活用品を数多くストックしていく癖があると言う。

このストック癖については、過去にバカリズムさんの音楽番組に出演した際に、「不安」が根底にあると語っている。

不安なことがありすぎて、生活はストックがあって安心感をどこかで作らないといけないんです。明日声出なくなったらどうしようとか、道歩いてて『「カブトムシ」聴いてました』って過去形にされたりとかすると、過去の自分と今の自分が一緒じゃないので不安になっちゃうんです。

出典 : aiko、自称“ストック人間”になった理由を明かす 「安心感をどこかで作らないといけない」

これくらい繊細でないと、あんなに素敵な恋愛の歌をつくり続けることはできないのだろうなと思う。

1+
ABOUT ME
U
U
桜のきれいな町に住んでいるピエロです。