感想

坂口安吾『堕落論』の感想

坂口安吾『堕落論』の感想

坂口安吾の『堕落論』は、戦後まもなく執筆され、人間の本性としての「堕落」を論じた随筆だ。彼の代表作としてもっともよく知られている。

しかし、決して長文の大作というわけではなく、文章自体は短いが、重く濃厚な文章となっている。

作品の冒頭では、美しいものは美しいままで終わらせたいというひとの心情があるとして、心中した若い学生の話に触れる。

まだ純粋な間柄のうちに、若い男女が心中したという事件に、世の中の同情は大きかったと語る。

また、坂口安吾自身、執筆当時、数年前に姪が自殺したと言う。

姪は二十一歳で、安吾曰く、「一見清楚な娘であったが、壊れそうな危なさがあり真逆様に地獄へ堕ちる不安を感じさせる」女だった。

私自身も、数年前に、私と極めて親しかった姪の一人が二十一の年に自殺したとき、美しいうちに死んでくれて良かったような気がした。一見清楚せいそな娘であったが、壊れそうな危なさがあり真逆様まっさかさまに地獄へちる不安を感じさせるところがあって、その一生を正視するに堪えないような気がしていたからであった。

出典 : 坂口安吾『堕落論』

この先地獄へ堕ちていくような一生を送ることになるのがよいか。それとも、美しいうちに死んでしまうのがよいのか、というのが、『堕落論』の一つの論点のように思う。

戦争中の日本や天皇制など政治的な話にも触れながら、再び、一瞬だけ話題が姪に戻ってくる。

まったく美しいものを美しいままで終らせたいなどとねがうことは小さな人情で、私の姪の場合にしたところで、自殺などせず生きぬきそして地獄にちて暗黒の曠野こうやをさまようことを希うべきであるかも知れぬ。現に私自身が自分に課した文学の道とはかかる曠野の流浪であるが、それにもかかわらず美しいものを美しいままで終らせたいという小さな希いを消し去るわけにも行かぬ。

未完の美は美ではない。その当然堕ちるべき地獄での遍歴に淪落りんらく自体が美でありうる時に始めて美とよびうるのかも知れないが、二十の処女をわざわざ六十の老醜の姿の上で常に見つめなければならぬのか。これは私には分らない。私は二十の美女を好む。

出典 : 坂口安吾『堕落論』

現代社会なら不謹慎と大批判を受けそうな内容だなと思う。

数年前に自殺した姪が、美しいままで死んでよかった、と書き、それから、それも小さな人情で、自殺などせず、生きて地獄に堕ち、暗黒の広野をさまようことを願うべきか、と問う。

普通に幸せを願えばいい、と思うが、文学者なので、そういうわけにもきっと行かないのだろう。

色々なことが見えてしまうからこそ、その二択が差し迫ってくるのかもしれない。

結論として、どういう風に生きるべきか、ということは、そのまま原文を読んで感じ取ってもらうのがよいと思う。

ただ、安吾は、『堕落論』の最後に、「人間は生き、人間は堕ちる。」と書く。

戦争に負けたから堕ちるのでもなく、人間だから堕ちる。生きているから、堕ちる。

自分自身を救うためには、「正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。」と結ぶ。

人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。そして人の如く日本もまた堕ちることが必要であろう。堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である。

出典 : 坂口安吾『堕落論』

0
ABOUT ME
Ruri
Ruri
桜のきれいな町に住んでいるのんびりしたいピエロです。映画と読書、その他、色々と好きです。