日常

一枚UNO

一枚UNO

夢のなかで一枚UNOをしていた。夢でも見たし、確か昔、実際に一枚UNOをしていたと思う。

文字通り、一枚だけのUNO。最初の手札の一枚で全てが決まる。ルールはUNOと一緒。

醍醐味は、一瞬で勝負が決まること、最初の瞬間の表情で、少し遊べる、ということ。「UNO上がり!」と見せかけ、上がれずにカードを引く、といった風に(無意味な駆け引き)。

最初の一枚でお互いに上がれなかったら、意外と長引き、結局普通のUNOになることも少なくない。

夢では、加えて、時間制限も設けていた気がする。時間は忘れたが、5分なり、10分なり、時間制限を設定する。

たとえば、タイムアップの段階で、枚数が少ないほうが勝ち、というルールにしてもいいかもしれない。

時間がなく、簡単な勝負で決めたいときにおすすめの一枚UNO、という遊び。

0
ABOUT ME
uta
uta
桜のきれいな町に住んでいるピエロです。