映画

サリンジャーの伝記映画『ライ麦畑の反逆児』|感想・レビュー

サリンジャーの伝記映画『ライ麦畑の反逆児』|感想・レビュー

*文中に内容のネタバレを含む。

米国の作家J・D・サリンジャーの代表作と言えば、一九五一年に出版された『ライ麦畑でつかまえて』が挙げられる。

このタイトルは、野崎孝訳の有名な邦題で、原題は『The Catcher in the Rye』と言う。

ただ、本来この英題を正確に翻訳すると、「つかまえて」というお願いではなく、ライ麦畑で捕まえるひとキャッチャーとなる。

そのため、近年村上春樹さんが翻訳した同小説のタイトルは、原題をそのまま使った『キャッチャー・イン・ザ・ライ』となっている。

この小説は、ビートルズのジョン・レノンを射殺した犯人のチャップマンがのめり込み、犯行時に持っていたことでも知られている。

物語は、主人公のホールデン・コールフィールドが病院で療養中に昨年のクリスマスの出来事を語る、という形式で話が展開される。

ホールデンの青年期に渦巻く大人の世界インチキに対する苛立ちと、無垢の世界への憧れ、そして何者でもない自分。

そのはざまで引き裂かれるように毒を吐きつづけ、また幾度も泣きそうになる、叫びの物語と言える。

小説のタイトルは、ホールデンが、無垢の象徴として描かれる妹のフィービーに「あなたは世の中の全てが気に入らないだけ」と言われたときに、「違う、僕がしたいことはライ麦畑のつかまえ役になることなんだ」と吐露するシーンに由来する。

「とにかくね、僕にはね、広いライ麦の畑やなんかがあってさ、そこで小さな子供たちが、みんなでなんかのゲームをしているとこが目に見えるんだよ。何千っていう子供たちがいるんだ。そしてあたりには誰もいない──誰もって大人はだよ──僕のほかにはね。

で、僕はあぶない崖のふちに立ってるんだ。僕のやる仕事はね、誰でも崖から転がり落ちそうになったら、その子をつかまえることなんだ――つまり、子供たちは走ってるときにどこを通ってるかなんて見やしないだろう。

そんなときに僕は、どっかから、さっととび出して行って、その子をつかまえてやらなきゃならないんだ。一日じゅう、それだけをやればいいんだな。ライ麦畑のつかまえ役、そういったものに僕はなりたいんだよ。馬鹿げてることは知ってるよ。でも、ほんとになりたいものといったら、それしかないね。馬鹿げてることは知ってるけどさ」

出典 : J・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』

僕がこの小説と出会ったのは大学時代だった。

年の離れた友人から勧められたが、振り返ってみると、もう少し早く、それこそホールデンと同じ年齢のときに読みたかったな、と思う。

その頃、僕も高校を中退し、自分自身も含め色々なことに対し苛立っていた時期で、もっとホールデンの叫びが生々しく響いたのではないかと思う(あるいは逆に同族嫌悪で抵抗を抱いたかもしれない)。

最初に読んだのは、野崎孝訳の『ライ麦畑でつかまえて』だった。

それから、村上春樹訳の『キャッチャー・イン・ザ・ライ』のほうも読んだ。

詳細な比較は色々なサイトで行われているだろうから、ざっくり言うと、どちらの翻訳のよさもある、というのが、率直な感想。

野崎訳の少年感むき出しの文体も、思春期の感情がより直接的に表現されていてよいと思う。

その野崎役が「ホールデンの語り口」としてインプットされている影響もあり、村上春樹訳の整った文体に、最初は違和感を抱く。

一方で、村上春樹訳の少し距離のある言葉遣いだからこそ、ホールデンの奥に隠れた叫びがいっそう強く聴こえてくるようにも感じる。

この辺りは、もう完全に好みだと思う。

サリンジャーの伝記映画

さて、今回感想を書くのは、このホールデンの生みの親で、伝説的な作家として知られるJ・D・サリンジャーの伝記映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』である。

サリンジャーは、一九一九年に米国のニューヨークで生まれ、二〇一〇年に亡くなる。

古典作家のように見られるが、意外と最近まで生きている。

彼の一体なにが伝説的かと言うと、一九五一年に米国で出版された代表作『ライ麦畑でつかまえて』の他に『ナインストーリーズ』や『フラニーとズーイ』など数作を残し、表舞台から姿を消して隠遁生活に入ったのである。

晩年は一切作品も公表せず、二メートルの屏の向こうの屋敷で閉じこもるように生活していた(彼が暮らしていたニューハンプシャー州の小さな町では住人たちとの交流もあったようだ)。

また、公表はしなかったものの、未発表の作品を一人黙々と書き続けていたことも分かっている。

サリンジャーが閉じこもった理由としては、戦争の従軍経験から神経衰弱になったこと、また『The Catcher in the Rye』が、アメリカの若者を中心に爆発的な人気を得た結果サリンジャー自身が静かな環境で生活することができず、どんどん人間不信になっていったことなどが挙げられる。

彼が東洋思想に救いを求めたという話は聞いたことがあったが、その辺りも映画のなかで描かれ、瞑想を行なっているシーンが登場する。

伝記については、以前サリンジャーの娘が書いた回想録『我が父 サリンジャー』を読んだことがあり、確か父のことを酷評していた印象がある。

この伝記映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』の原題は『REBEL IN THE RYE』のみなので、副題の“ひとりぼっちのサリンジャー”は日本語版でつけたものなのだろう。

だいぶそそる題名だと個人的には思う。

映画を観終わった感想としても、素直に感動した。とても面白い作品だった。

サリンジャーの視点に立って描かれ、彼の葛藤と苦悩が伝わってくる。「書くことは僕の祈り」というサリンジャーの台詞も沁みる。

映画では、サリンジャーの隠遁生活のことではなく、そこに至る過程が実話をもとに描かれる(原作は伝記『サリンジャー 生涯91年の真実』)。

コロンビア大学で創作講座を学んだことや、恩師バーネットとの出会い、初めて受け取った二十五ドルの原稿料、恋人ウーナがチャールズ・チャップリンと結婚してしまったこと、太平洋戦争での入隊と派兵、結婚と離婚、出版と成功、狂信的なファンたちの訪問に怯える日々、そして瞑想と隠遁。

ラストシーンも素晴らしかった。

映画を観るのは、『ライ麦畑をつかまえて』を読んだあとのほうがいいと僕は思う。

小説で描かれるシーンと似たシーンが映画でもサリンジャーの経験したこととして描かれるし、ホールデンはサリンジャーの自伝的な要素も備えた分身でもあるので、ホールデンがあのあとどうなったのだろうか、というのが、そのままサリンジャー自身の結末とも通ずるものがある。

また、恩師のウィット・バーネットのコロンビア大学の創作講義のやりとりは、そのまま講義として楽しむことができるし、学生サリンジャーとの皮肉合戦も面白かった。

バーネット役の俳優ケヴィン・スペイシーの優しさと知性と、後半の哀愁漂う演技が抜群によい。

小説家だけでなく、表現者を目指すあらゆるひと、表現しているひとにとっておすすめしたい映画だ。

もうすぐクリスマスだし、久しぶりに『ライ麦畑でつかまえて』を読もうかなと思う。

作品情報

監督 ダニー・ストロング
脚本 ダニー・ストロング
メインキャスト サリンジャー(ニコラス・ホルト)、ウーナ・オニール(ゾーイ・ドゥイッチ)、ウィット・バーネット(ケヴィン・スペイシー)
公開 二〇一七年(アメリカ)、二〇一九年(日本) 上映時間 : 一時間四十六分
製作国 アメリカ

『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』予告編

0
ABOUT ME
U
U
桜のきれいな町に住んでいるピエロです。