雑学全般

島と大陸の違い

島と大陸の違い

地球上には、広い海があり、大陸や島がある。

たとえば日本は、北海道や本州、四国、九州など大きな島から無数の無人島まで、約7000の島で構成された島国だ。

画像 : 7000の島々からなる日本列島 : 東京の島の数は全国6位

普段生活していると、あまりに広いので島という感覚が薄いかもしれないが、本州も、北海道も、れっきとした島に含まれる。

日本では、構成する島の多くが無人島となっている。

そもそも、「島」とは一体なんなのだろう。

島は、国連海洋法条約によって「自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時(満潮の時)においても水面上にあるもの」と定義されている。

この定義だけを見ると、「大陸」も同じなのでは、という素朴な疑問を抱く。

大陸も、島と同じように「自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時(満潮の時)においても水面上にあるもの」だ。

それでは、島と大陸の違いはどこにあるのだろうか。

両者の違いには、明文化された定義はないものの、ざっくりと「大きさ」で分けられている。

実は、イルカとクジラも大きさで分けられているが、その違いと似たようなものだろう。

今回は「クジラ」と「イルカ」の違いを取り上げます。 ご存じの通り、どちらも海に暮らす哺乳類ですね。 その違いは一言で言うと「大きさ」。

全長がおおよそ4メートルより大きければ「クジラ」、小さければ「イルカ」と分類されるそうです。 もっと細かい違いがあるのかと思いきや、単純に大きさの違いなのですね。

出典 : 「クジラ」と「イルカ」の違い|コトバ解説

島と大陸の違いにも、一応の基準はある。

世界で一番小さい大陸がオーストラリア、世界で一番大きな島がグリーンランドとなっている。

要するに、「オーストラリアより小さかったら島、グリーンランドより大きかったら大陸」ということになる。

ところで、世界地図で見ると、オーストラリアよりグリーンランドのほうが大きく見えるが、あれは地球を強引に平面地図にした際のある種のトリックで、実際はグリーンランドのほうがだいぶ小さい。

島と大陸 島と大陸画像 : 世界一の記録を持つ「島」「山」(YouTube)

グリーンランドの面積は、2,166,000km²、オーストラリアの面積は、7,692,000 km²。

実はオーストラリアのほうが3倍以上も広いのだ。

世界で一番小さな大陸がオーストラリア、世界で一番大きな島がグリーンランド。

そのはざまに、島と大陸の違いがある。

グリーンランドのカラフルな家々

0
ABOUT ME
uta
uta
桜のきれいな町に住んでいるピエロです。