映画

映画『サイドエフェクト』のあらすじ

映画『サイドエフェクト』のあらすじ

*文中に内容のネタバレを含みます。

『サイドエフェクト』とは〜意味や作品情報〜

映画『サイドエフェクト』は、アメリカで二〇一三年に公開、日本でも二〇一三年に公開されたサイコ系サスペンス映画で、監督は『オーシャンズ11』で有名なスティーブン・ソダーバーグ。

俳優陣は、主演の精神科医バンクス役にジュード・ロウ。うつで通院し、夫を殺害するエミリー役にルーニー・マーラ。エミリーを以前診ていた女性医師であるシーバート役にキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。

タイトルの「サイドエフェクト」というのは、日本語に翻訳すると「副作用」を意味し、タイトル通り、アメリカで蔓延する抗うつ剤と、その「副作用」、そして、その周辺で起きる一件の殺人事件が映画の基軸になります。

映画の作中、当初事件に関連したと疑われる新薬の“アブリクサ”以外に、SSRIやパキシルなど実際に処方されている薬の名前も登場、俳優陣の演技も相まってリアリティを感じさせる作品となっています。

作品情報

監督 スティーブン・ソダーバーグ
脚本 スコット・Z・バーンズ
メインキャスト バンクス(ジュード・ロウ)、エミリー(ルー二ー・マーラ)、シーバート(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)
公開 二〇一三年(アメリカ)、二〇一三年(日本) 上映時間 : 一時間四十六分
製作国 アメリカ

『サイドエフェクト』予告編

あらすじ

登場人物

●ジョナサン・バンクス 
ニューヨーク在住の精神科医。妻と小学生の息子が一人。多くの患者を診る。エミリーの担当医でもあり、過去には女性患者が性的関係を匂わす遺書を残して自殺している。
●エミリー・テイラー
うつを患い、自殺未遂をしたことをきっかけにバンクスのもとに通うようになる。うつろな眼差しの奥に、ある秘密を抱える。夫マーティンは四年の服役を終え、出所。二十三歳で結婚し、現在二十八歳。
●ヴィクトリア・シーバート
エミリーが以前うつを患っていたときに通っていた担当の医師。バンクスにアブリクサの使用を勧める。
●マーティン・テイラー
エミリーの夫。インサイダー取引で捕まり、刑期を終えて出所。

うつを患っていたエミリーは、インサイダー取引で捕まった夫が出所してきたあと、一人で乗車していた自動車を壁に激突させ、自殺未遂を図る。

エミリーは精神科に入院を勧められるも、夫は出所したばかりで仕事もなく四年ぶりに出所してすぐに妻が精神病院に入院していたらショックを受ける、と拒否。代わりに精神科医バンクスのもとに通院するように。

バンクスは、過去にエミリーを診察していた女性医師のシーバートに意見を訪ねに行き、そこでシーバートは、色々な薬を与えたがどれも駄目だった、新薬の“アブリクサ”を試したらどうか、とバンクスに勧める。

エミリーも、今服用しているゾロフトはめまいがする、同僚のジュリアから新薬が効くと聞いたので試したい、と願い出ることから服用を開始。ところが、このアブリクサの副作用でエミリーは夢遊病に悩まされる。そして、夢遊病を発症中に夫を刺殺し、裁判に発展する。

裁判の争点は「副作用サイドエフェクト 」。副作用が原因ならエミリーは無罪に。その代わり薬を処方したバンクスが訴えられる可能性も。

エミリーは夫の母親と面会し、手記を手渡し、その手記を母がテレビで朗読。結果、薬の副作用のせいではないか、という疑いが世間に広まり、アブリクサやバンクスに対する不信感も高まる。

次第にバンクス夫婦の仲も喧嘩が増え、バンクス自身徐々に精神を疲弊、薬を求めるようになっていく。

しかし、あるときバンクスがアブリクサを調べると、シーバートが過去にアブリクサの多量摂取によって生じる睡眠時の異常行動にまつわる論文を書いていることを知る。

バンクスは、シーバートが一体なぜわざわざこの薬を勧めたのか、と疑念を抱く。また、事件の影響でアブリクサの会社サドラー社の株価が下落する一方で、ライバル会社であるアジライル社の株価が上昇していることも発見する。

こうしてバンクスは、エミリーとシーバートに対する疑いの眼差しを強め、独自に調査を進める。

そこからバンクスの復讐劇が始まる。エミリーとシーバートの信頼関係を崩すための工作も企て、徐々に追い詰められたエミリーが、最後は投薬を恐れ、シーバートを裏切り、全てを白状する。

夫のマーティンが逮捕され、鬱になり、シーバートの診察を受けるようになると、二人はレズビアン的な恋愛関係となる。そして、エミリーはシーバートから「詐病」を教わり、シーバートには、エミリーが夫から学んだ金融取引を伝授。もともとエミリーは夫に対し殺意があり、この犯行を計画、実行するのだった。

エミリーが盗聴器を忍ばせ、シーバートのもとに行くと、シーバートは儲けたお金はドバイとケイマン諸島の口座に預けたことや、話されると証券詐欺や殺人共謀に問われかねない、といった話をエミリーにし、外では警察が待機。シーバートは逮捕される。

これでバンクスの復讐劇は収まらず、裁判所の命令で通うエミリーに副作用の強い薬を服用するよう指示。この指示に従わなければ施設に戻すと脅し、結局エミリーは入院施設に送られる。

バンクスは家族との仲が戻り、エミリーは廃人のような眼差しで、看護師から気分を聞かれると「すごくいい」と呟く。窓の外を眺め、ゆっくり映像が引き、アメリカの街並みが映し出される。

0
ABOUT ME
Ruri
Ruri
桜のきれいな町に住んでいるのんびりしたいピエロです。映画と読書、その他、色々と好きです。