映画

映画『Vフォー・ヴェンデッタ』|あらすじと感想

映画『Vフォー・ヴェンデッタ』|あらすじと感想

*文中に内容のネタバレを含む。

映画『Vフォー・ヴェンデッタ』は、二〇〇六年に公開された、アメリカ、ドイツ、イギリスの合作映画。

監督は、『マトリックス』で助監督を務めたジェームズ・マクティーグ。この映画がマクティーグの監督デビュー作となっている。

主演のイヴィー役は女優のナタリー・ポートマン、もう一人の主人公と言える仮面姿のダークヒーローVを演じている俳優は、(ほとんど顔は出ないものの)ヒューゴ・ウィーヴィング。

Vフォーヴェンデッタ画像 :『Vフォー・ヴェンデッタ』

あらすじ

映画の舞台は、当時の近未来である二〇二〇年のイギリス。

第三次世界大戦を経て、アメリカは植民地になり、イギリスは独裁者アダム・サトラーのもと全体主義国家になっている。

BTN(英国放送)に務めている主人公のイヴィーは夜間の外出禁止令を破って出掛けようとするが、途中で秘密警察に見つかり、暴行されそうになる。

しかし、ガイ・フォークスの仮面をかぶったVが現れ、イヴィーはVに助けられる。

その後、Vはイヴィーを“演奏会”に誘う。Vの言う演奏会とは、裁判所の爆破テロのことで、クラシック曲に合わせ、裁判所が爆破される。

翌日、Vは電波ジャックを行い、一年後の十一月五日に国会議事堂の前に集まるように呼びかける。

Vは局から逃走し、重要参考人として手配されて追われることになるイヴィーも、Vの隠れ家で匿われる。

サトラーの幹部たちを次々に殺していくV。イヴィーは最初Vに好感を持っていたものの、異常さを抱き、Vのもとを脱走。上司であるゴードンのもとに逃げ込む。

イヴィーは、ゴードンもまた現体制に抑圧される存在だということを打ち明けられる。

また、Vを追いかける警察官のフィンチは、Vに関する情報を探っていくうちに、現政府の根幹を揺るがすことになる秘密を知る。

Vは、強制収容所の唯一の生き残りで、サトラーと側近たちは、収容所の幹部だった。

施設では、Vは人体実験の被験者として扱われ、サトラーは、この実験によって作られたウイルスをばらまき、民衆の恐怖心や不安感を利用し、独裁的な権力と支持を集める。また、時間差で党幹部支配下の製薬会社がワクチンを提供し、大儲けもしていたのだった。

ゴードンは、Vの行動に触発され、サトラーを風刺した番組を制作。徐々に疑問を抱いていた国民も喜んで受け入れるが、激怒したサトラーに粛清される。

間一髪で逃れたように見えたイヴィーも捕まり、髪を剃られて坊主にされ、拷問にかけられる。

牢屋のなかで弱っていたイヴィーは、過去に同性愛が理由で逮捕され処刑された女優が紙片に残した日記を見つけ、その言葉に勇気付けられることで拷問に耐える。

そして、我々に協力しなければ処刑する、という宣告を受けるも、イヴィーは拒否し、この拒否によってなぜか牢屋から解放される。

解放されると、イヴィーを閉じ込めていたのはVだったことが発覚する。Vは、イヴィーの精神を解放するために自分がかつて経験したことと同じ体験をさせたのだった。

激怒したイヴィーは、ずっと抱えていた感情を吐露するように咽び泣く。

その吐露のおかげか、恐怖はなくなり、Vに対し、一定の理解と感謝は示すも、イヴィーはVのもとを去る。

Vは、十一月四日、ガイフォークスの仮面と衣装を国民に配達する。サトラーは、仮面をつけている人間を逮捕・射殺するよう指令を出すが、Vの仮装をしていた少女が秘密警察に射殺されたことをきっかけに、国民のあいだで暴動が起こる。

Vの隠れ家を訪れたイヴィーに全てを託し、十一月五日にサトラーやその幹部と対面。幹部とあらかじめ取引し、サトラーを捕まえて目の前に差し出させ、処刑させたあと、Vは幹部らと闘い、彼らも殺す。

一方で、致命傷を負ったVは、地下鉄の廃駅でVと少しだけ話し、死を見守ったイヴィーは、爆薬が積まれた列車に彼の遺体を乗せ、発車させ、列車は国会議事堂の地下で爆発。

ラストシーンでは、クラシック曲が鳴り響きながら次々と建物が爆発し、仮面をかぶった国民たちが、次々と仮面を取り、その爆発とともに打ち上がる花火を眺めるシーンでエンディングを迎える。

感想

Twitterで繋がったイギリス人が『Vフォー・ヴェンデッタ』という映画をおすすめしていた。

さっそく前知識はほぼなしで鑑賞。Amazonプライムに入っていなかったので、三百円でレンタルをした。

率直な感想としては、一回で理解するのは相当難しい映画だと思う。単純に物語だけ追いかけると、わかりづらい部分も多く、途中何度か休み休み観た。

レビューだと絶賛が多いが、ときおり星一つという意見もあり、「つまらない」という感想もある。これはこれでわかる気がする。

普通にハリウッド的なストーリー展開を求めて観ると、ちょっと中盤で挫折するかもしれない。

哲学的で、頭を使う映画でもあるので、大学の哲学の授業などで使われそうなタイプの作品だなと思う。一度観たあと、あらすじや解説の記事などを観てからもう一度見直すと面白いと思う。

独裁的な全体主義国家によって「復讐ヴェンデッタ」という理念が生み出され、その復讐によって最後国会議事堂が爆破されるシーンは圧巻だ。

また、その革命のシーンで、仮面をかぶっていた人々が、仮面をとり、そのなかには、過去殺されてきた人たちがいる、という演出もびしっと決まっている。

西洋的二元論が根っこにあるので、いずれにせよ、危うさがあると個人的には思うが、とは言え、一つの哲学作品として完成度が高く、名言も多かった。

ちなみに、中国では放映が中止になっているらしいが、作品を観ると中止にする理由も分かる気がする。

作品情報

監督 ジェームズ・マクティーグ
脚本 ラナ・ウォシャウスキー、リリー・ウォシャウスキー
メインキャスト イヴィー(ナタリー・ポートマン)、V(ヒューゴ・ウィーヴィング)、エリック・フィンチ警視(スティーヴン・レイ)
公開 二〇〇六年
製作国 アメリカ、イギリス、ドイツ

『Vフォー・ヴェンデッタ』予告編

0
ABOUT ME
U
U
桜のきれいな町に住んでいるピエロです。