雑学全般

前ならえと小さく前ならえとは

前ならえと小さく前ならえとは

今はもう廃止されてしまったのかもしれないが、子供の頃、学校の体育の時間などでよく行なわれた整列のときの指導に、「前ならえ」があった。

表記としては、「前ならえ」ではなく、「前にならえ」や「前へならえ」ではないか、という意見もある。

辞書では、「前へならえ」とあり、新聞の見出しでも「前へならえ」とあるので、正確には「前へならえ」が正しいのかもしれない。

いずれにせよ、同じ意味で、「前にいるひとにならえ」という整列のときの号令だ。

前ならえ前ならえの状態

まず、「気をつけ」と号令があり、次に「前ならえ」と言われたら、一番前の人は手を腰にやり、以降、後ろの人は手をまっすぐ伸ばし、距離感を保つ。

その後、「なおれ」と号令がかかったら、気をつけに戻り、「休め」と言われたら、手を後ろに回し、左足を肩幅程度に開く。

前へ倣え画像 : 集団行動

このあと、再び「気をつけ」と号令がかかったら気をつけの姿勢になり、「礼」と言われたら綺麗に礼をする。

その他、「回れ右」という場合もある。

学校で前ならえを行う意味としては、集団行動における規律を体で覚えさせる、という理由があるのだろう。

前ならえの由来は、幕末に近代的な軍隊を組織した韮山代官による、オランダ語の号令の翻訳に遡る。

前へならえの号令は、幕末に近代的な軍隊「農兵」を組織した韮山代官の江川太郎左衛門英龍(坦庵)がオランダ語の号令を翻訳したのが始まりとされる。

出典 : 静岡)「前へならえ」で写真投稿を 発祥の地で企画

最初に、すでに廃止されているのかもしれないが、と書いたが、数年前のニュースの動画を見るかぎり、現在でも行なっているようだ。

動画 : 「前へならえ」発祥の地で整列 韮山代官所跡

まだ、「前ならえ」は、適度に間隔をもって整列する、という点でも意味がわかるが、もう一つ、「小さく前ならえ」という号令もあり、あれは今考えてもどんな意味があったのかよくわからない。

小さく前ならえ、と言われたら、腕を縮めた前ならえの姿勢をとる。

画像 : 小さく前にならえ  規律のある体育ローテーション

こうした指導は、あまり海外の学校では行なわれず、日本独特のもの(あとは北朝鮮くらい、という声もある)なのではないだろうか。

たとえば、アメリカでは子供たちへの「前ならえ」の指導はないようだ。

アメリカの場合だと、行進の練習どころか「前ならえ」「小さく前ならえ」「気をつけ」「休め」とかですら、一度もやりません。その後私はアメリカで子育てをしましたが、子供らも一度も体験しませんでした。

長男は高校からマーチングバンド部に入ったので、そこで初めて行進を習いましたが、これが例えば野球部だったら絶対にやらなかったでしょう。アメリカで教育を受けると、マーチングバンド部か軍隊に入らない限り、行進の練習は一生することがありません。

出典 : 日本の学校は軍隊と大差ありません

ちなみに、体育座り(これは戦後に文科省が推奨したようで、実際には体によくないという指摘もある)を学校で行わせる、という習慣も海外には存在しないと言う。

フランス、イギリスなどにはなかったです。体育座りのかわりに、先生が『きちんと座って下さい』と言ったら、あぐらをかきます。

出典 :「体育座りって何ですか?」外国人が驚いた日本だけ通じる学校の常識

フランスやイギリスでは体育座りの指導はなく、普通にあぐらで座る。これは韓国でも同じようだ。

確かに、海外の映像で、「前ならえ」や「体育座り」をしている子供たち、という光景を見たことはない気がする。

日本式の教育は、先生の言うことに従う、全体の規律を重んじる、という点ではメリットもあるのかもしれないが、一方で、各々の個性という点ではデメリット(みんなと同じことをしなければ、という同調圧力をいっそう強める)も少なくないのかもしれない。

0
ABOUT ME
uta
uta
桜のきれいな町に住んでいるピエロです。