雑学

小説『ライ麦畑でつかまえて』のあらすじとラスト

小説『ライ麦畑でつかまえて』のあらすじとラスト

『ライ麦畑でつかまえて』とは

*文中に内容のネタバレを含む。

米国人作家J・D・サリンジャーによる伝説的な小説『ライ麦畑でつかまえて』。

野崎孝訳のこの邦題がもっとも有名だが、原著の題名は『The Catcher in the Rye』(近年出版された村上春樹訳では、そのまま『キャッチャー・イン・ザ・ライ』としている)。

原著は一九五一年、リトルブラウン社から出版され、たちまち若者を中心に絶大な人気を博し、世界中に広がる。

日本語版の『ライ麦畑でつかまえて』は一九六四年に出版される(最初の日本語翻訳本は一九五二年出版の『危険な年齢』)。

これは、主人公である十六歳のホールデンが、クリスマス前のニューヨークをめぐり、社会に対する不満や無垢なものへの憧れを吐露し、その狭間で揺れる青春物語である。

作者のサリンジャー自身は、この『ライ麦畑でつかまえて』の他に数作だけを残し、その後は一切作品を公表せず、ニューハンプシャー州の小さな町で隠遁生活に入る。

その辺りの経緯は、伝記映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』に詳しい。

作品のタイトルは、小説のなかでホールデンが子供たちの歌っている歌詞を「ライ麦畑でだれかがだれかを捕まえたら」と間違って覚え、その後、妹のフィービーに、自分はライ麦畑で遊んでいる子供たちが崖から落ちそうになったら捕まえる役になりたいんだ、と語る台詞に由来する。

この作品は、ジョン・レノンを殺害したチャップマンやレーガン大統領の暗殺未遂犯の愛読書だったこととしても知られている。

以下、ざっくりとした小説のあらすじである。

あらすじ

登場人物

●ホールデン・コールフィールド
主人公。十六歳で、ペンシー学校の三年生。世の中の色々なことに苛立ち、すぐに気が滅入って嫌になる。ライ麦畑のつかまえ役になりたいとフィービーに語る。
●フィービー
ホールデンの幼い妹。作中では無垢の象徴でもあり、ホールデンに対し、はっきりと意見もする。
●DB
ホールデンの兄。作家で、ハリウッドに移り住む。代表作は『秘密の金魚』。ホールデンは兄の作品が好きだと言うが、一方で、ハリウッドに行き、兄は自分が忌み嫌うインチキになっているのではないか、という矛盾した感情も抱く。
●アリー
ホールデンの二つ下の弟。数年前に病気で亡くなる。家族でいちばん頭がよく、性格もよかったとホールデンは思い出すように語る。
●スペンサー先生
ホールデンの歴史担任の先生。年齢は夫婦ともに七十歳くらいで、ナバホの毛布がお気に入り。
●アックリー
ロバート・アックリー。年齢は十八歳。四年生。ホールデンの寮の部屋の隣室の住人。身長が高く猫背で不潔。ストラドレイターのことを嫌っている。
●ストラドレイター
ホールデンのルームメイト。自己評価が高く、うぬぼれ屋。
●ジェーン・ギャラハー
ホールデンが以前仲のよかった女の子で、ストラドレイターがデートをすると聞き、ホールデンは嫉妬する。
●サニー
若い娼婦。
●ヘイズ
何年も前からの付き合いがある美人の少女。
●アントリーニ先生
高校の恩師。優しく助言をほどこすが、幼児性愛的な何かをホールデンが感じ取り、驚いて家を飛び出す。

主人公の名前はホールデン・コールフィールド。

年齢は十六歳。物語は病院(作中本人は結核のせいだと言うが、“とんま”な精神分析医について軽く触れられ、精神病院ではないか、というのが定説)療養中の十七歳のホールデンが、十六歳のクリスマスのときのことを回想する形で始まる。

ホールデンは、ペンシルベニア州の全寮制のペンシー高校に在籍していたが、四科目で落第点(英語だけは成績がよかった)。

警告を受けても勉学に身が入らなかったことが理由で退学処分を受ける。

過去にも退学を繰り返し、この学校で四校目だった。

物語の序盤、ホールデンは、学校のフットボールの観戦には行かず、少し離れたトムセン・ヒルのてっぺんから試合を見下ろすように眺め、それから歴史の教員であるスペンサー先生の家に別れの挨拶に行く。

しかし、錠剤が転がっていたり、しょぼくれたバスローブを羽織っている先生の姿に気が滅入り、また講釈や自身の答案を読み上げられることにもうんざりし、スペンサー先生の家を出る。

ペンシーの寮に戻ると、ホールデンは観戦に行ってほとんど誰もいない暖房の効いた部屋で図書館から借りてきた本を読む。

普段から本はたくさん読み、ホールデンが一番好きな作家は兄のD・B。次がリング・ラードナー。

読み始めた途端、隣の部屋のアックリーが顔を出す。アックリーは身長が高く、猫背で、歯はおぞましいほどに汚かった。彼の絡みに、いちいちホールデンは苛立った。

その後、ルームメイトのストラドレイターが部屋に戻り、ホールデンに上着を貸してくれ、と頼む。

ストラドレイターのことが嫌いなアックリーは自室に戻っていった。

さらに、ストラドレイターからは作文の代筆も求められる。ストラドレイターがジェーン・ギャラハーと言うホールデンが一昨年の夏に仲良くしていた女の子とデートに行くと知り、ナーバスになってホールデンは色々と尋ねるが、適当にあしらわれる。

食事のあと、アックリーと寮の友人のブロッサードと三人で外出し、夜になって寮に戻る。

それから、ストラドレイターに頼まれていた作文に取り掛かり、白血病で亡くなった弟アリーの野球ミットに関する作文を書く。

終わったのは夜の十時半。

その後、デートから戻ってきたストラドレイターは作文の内容に文句を言い、ギャラハーのことが気になり苛立っていたホールデンは作文を奪い取って破り捨て、しばらく二人は口もきかなくなる。

そして、ホールデンはストラドレイターに泣き叫ぶように殴りかかるが、逆にホールデンが殴られ、鼻血を出して床に倒れる。

こんな学校は退学になって追い出される前に自分から出ていこう、とホールデンは寮を出てニューヨークに向かった。

その電車のなかで、モロウというペンシー学校で同級生の母親と出会い、彼女に、偽名を使って脳に腫瘍があると嘘をつく。

ニューヨークでは、ホテルを取り、ロビーで出会った女の子たちとダンスを踊ったり、ピアノの演奏を聴くが、すぐに全てが俗物的でインチキなものに思える。

気分が滅入ったホールデンが、ホテルに戻ると、エレベーター係の男に娼婦を買わないかと誘われ、五ドルで了承するが、部屋を訪れた女性のサニーとは会話をするだけで何もせずに帰らせる。

しかし、まもなく先ほどのエレベーター係の男が、十ドルだと言いがかりをつけ、ホールデンが反抗すると再び殴られる。

翌朝、ホールデンは女友達のサリーと電話でデートの約束をし、朝食を取っていると、二人の尼が隣に座る。

ホールデンは、彼女たちに声をかけ、『ロミオとジュリエット』の話をしたあと十ドル寄付をする。

ホテルを出てから、道を歩いていると、子供たちの歌声が聴こえてくる。

スコットランドの民謡で、「ライ麦畑で誰かが誰かを捕まえたら(If a body catch a body coming through the rye.)」と歌っている。

これは、『Comin’ Thro’ the Rye』という曲で、実際の歌詞は「ライ麦畑で誰かが誰かと出会ったら(If a body meet a body coming through the rye.)」、ホールデンは間違って覚えていた。

この歌声に少し気分が晴れたホールデンは、セントラルパークでサリーと落ち合い、一緒にブロードウェイの演劇を観るものの、またすぐ役者や観客の嘘臭さに気分が滅入る。

それから、スケートリンクに行ってアイススケートをする。

ホールデンが、サリーに、突然田舎で聾唖のふりをしながら自給自足の暮らしをしようと持ちかけるが、相手にされず、ホールデンは彼女に、「君みたいなスカスカ女にはうんざりだよ」と言って怒らせる。

一人になったホールデンは、映画を観たり、高校の指導係だったカール・ルースと会って会話をするが、ますます気分が落ち込んでくる。

その後、ホールデンは、家に戻って妹のフィービーに会おう、と思う。

フィービーと再会するも、ホールデンはフィービーに「世の中のすべてが気に入らないだけ」と言われ、ひどく落ち込み、「ライ麦畑の捕まえ役になりたいんだ」と訴える。

だだっぴろいライ麦畑みたいなところで、小さな子どもたちがいっぱい集まって何かのゲームをしているところを、僕はいつも思い浮かべちまうんだ。

何千人もの子どもたちがいるんだけど、ほかには誰もいない。つまりちゃんとした大人みたいなのは一人もいないんだよ。僕のほかにはね。

それで僕はそのへんのクレイジーな崖っぷちに立っているわけさ。で、僕がそこで何をするかっていうとさ、誰かその崖から落ちそうになる子どもがいると、かたっぱしからつかまえるんだよ。

つまりさ、よく前を見ないで崖の方に走っていく子どもなんかがいたら、どっからともなく現れて、その子をさっとキャッチするんだ。

そういうのを朝から晩までずっとやってる。ライ麦畑のキャッチャー、僕はただそういうものになりたいんだ。たしかにかなりへんてこだとは思うけど、僕が心からなりたいと思うのはそれくらいだよ。

出典 : J・D・サリンジャー(村上春樹訳)『ライ麦畑でつかまえてキャッチャー・イン・ザ・ライ

両親が帰ってきたので、見つからないように家を抜け出し、高校の恩師のアントリーニ先生のもとに行く。

暖かな部屋で、アントリーニ先生がホールデンに助言を与えるが、ホールデンは眠くなる。

いつの間にか眠っていると、アントリーニ先生が頭を撫でていることに気づき、驚いたホールデンは慌ててアントリーニ先生の家を飛び出すと、駅で一晩を明かす。

翌朝、森のそばに小屋を建て、耳が聞こえないふりをして世間から身を隠して暮らそうと決め、別れを告げるためにもう一度フィービーと会う約束をする。

外で待ち合わせし、その話を聞いたフィービーは、自分も一緒に行く、と言うが、ホールデンは拒否し、険悪な雰囲気のまま動物園に入る。

動物園で、雨が降りしきるなか回転木馬に乗っているフィービーを眺めながら、ホールデンは強い幸福感を覚える。

フィービーがぐるぐる回り続けているのを見ているとさ、なんだかやみくもに幸福な気持ちになってきたんだよ。あやうく大声をあげて泣き出してしまうところだった。

僕はもう掛け値なしにハッピーな気分だったんだよ。嘘いつわりなくね。どうしてだろう、そのへんはわからないな。

ブルーのコートを着てぐるぐると回り続けているフィービーの姿がやけに心に浸みた、というだけのことかもしれない。いやまったく、君にも一目見せたかったよ。

出典 : J・D・サリンジャー(村上春樹訳)『ライ麦畑でつかまえてキャッチャー・イン・ザ・ライ

それからホールデンは家に戻る。

ラストは、長い回想シーンが終わり、「今」になる。

ホールデンは、病院に入院しているようで、精神分析医やら多くの人が、秋からどんな学校に行く予定か、学校に戻ったらしっかり勉強するか、と尋ねるが、そんなのは「とんま」な質問だよ、とこぼす。

先になってしていることは、実際に先になってみないとわからないよ、と。

そして、最後に次のようにホールデンが語って物語は終わりを迎える。

君も他人にやたらと打ち明け話なんかしない方がいいぜ。そんなことをしたらたぶん君だって、誰彼かまわず懐かしく思い出しちゃったりするだろうからさ。

出典 : J・D・サリンジャー(村上春樹訳)『ライ麦畑でつかまえてキャッチャ・ーイン・ザ・ライ

0
ABOUT ME
U
U
桜のきれいな町に住んでいるピエロです。