雑学全般

ツイ消し・垢消しの意味と心理

ツイ消し・垢消しの意味と心理

ツイ消しの心理

ツイッターの世界には、「頻繁にツイートを消すひと」がいる。

その際に消すのは、いわゆる「黒歴史」と呼ばれるような過去のツイートをいっぺんにリセットすることもあれば、ツイートしてすぐに消す、ということもある。

こうした行為はネット用語で一般に「ツイ消し」と言われる。

ツイ消しとは、文字通り「ツイートを消す」ことを意味している。

なぜツイ消しをするのかと言えば、一つは、文字の打ち間違いをしたから、というシンプルな理由が挙げられる。

誤字脱字がある、また改行や句読点が気に入らなかった際、(ツイート後の編集は仕様上できない仕組みになっているので)いったん消してから再度ツイートする。

大事にしたいツイートだったり、言葉の外観に多少潔癖なら、微妙な間違いでも頻繁にツイ消しをする。

ただ、仮にツイートしてすぐにツイ消しをしても、残念ながら履歴が残るためフォロワーのタイムラインに一定期間表示が続く。

結果、似たような文面が二つ並ぶことがあるので、誤字脱字を修正する際は、訂正ツイートを自分のツイートにリプライする、という対処法もよく取られる。

この誤字脱字が理由のツイ消し以外で「ツイ消し」をする場合には、しばしば複雑な心理が絡み合っていることも多い。

そこで、一体なぜツイ消しを行うのか、その心理的な理由について四つの項目に分けて自分なりの考え(自分もときおり行うので、自己解剖の意味も込めて)を解説したいと思う。

①誰かを傷つける

まず第一に、誤字脱字以外でツイ消しをする心理的な理由として、自分のツイートが「誰かを傷つける」かもしれない、という不安が原因になっているケースがある。

自分の呟いたツイートを見直したとき、その内容が「誰か(たとえば友人やフォロワー)」を傷つけている可能性が一瞬でもよぎると、そのことを想像して耐えられなくなって削除する。

怒りや悲しみの感情に任せてツイートしたことを後悔して慌てて削除するときもあれば、何気なくツイートしたものがタイムライン上に文字として残っているのを見ると思った以上に鋭利で強いツイートに見える、ということもある。

②嘘つきな自分

ツイ消しをする二つ目の心理的要因として、「嘘をついている」ときにツイートを削除したくなる衝動に駆られることがある。

一口に「嘘」と言っても、あからさまな嘘ではなく、もっと繊細な「嘘」。

たとえば、自分自身の感情に嘘をついたり、虚飾が激しかったりした際、まるで鏡に映った全く知らない自分の姿の違和感に耐えきれないような感覚ゆえに削除する。

表面上の嘘はついたとしても、その嘘が自分にとって「ナチュラル」なら気にならないことも多い。

一方、心の奥底の部分で「嘘」になってしまっていると、その「嘘」が喉の奥に刺さった棘のようにどんどんと気になってくる。

そして、ツイ消しするまで痛みが消えないままになる(消してもしばらくのあいだ痛みが残る)。

③暴力的な言葉

ツイ消しをする三つ目の心理的な理由は、(①と若干かぶるが)「暴力性」が挙げられる。

たとえ嘘がなく本心ではあっても、発したあとのその言葉に宿っている「暴力性」に自分自身が耐えられなくなる。

暴力的、というのは、なにも罵倒するような激しい言葉に限ったことではない。

幸せなことや嬉しいことであっても、それが露骨であればあるほど、自分の呟いたツイートの眩しさに耐えられなくなる。

無理をして明るく振舞って、そのあとの落差で物凄く落ちるのと少し似ている。

④愛されたい

四つ目のツイ消しをする心理的な理由として、「愛されたい」「好かれたい」「嫌われたくない」という感情が関連している場合がある。

はっきり甘えるならまだしも、甘え慣れていないひとが、隠れた甘え心のこびりついているツイートをしてしまったとき、急に恥ずかしくなったり自分自身が気色悪く思え、ツイ消しをしたい衝動に駆られる。

以上の四つが、自分なりに考えたツイ消しを行う心理的理由である。

次に、ツイ消しをするメリットとデメリットを考えてみたいと思う。

 

メリット

ツイ消しには、ある種の効用やメリットがある。

たとえば、絶対にツイ消しをしない、と決めてツイートしようと思うと、ひとつひとつの発信が重くなり、結局当たり障りのないこと以外に言えなくなる。

繊細なひとは特にそうなる可能性が高くなる。

むしろ、ツイ消しすればいいや、という気楽な気持ちでつぶやくことでツイートに慣れる、というメリットが挙げられる。

この「気楽に失敗できる」という点に加え、ツイ消しをしながら、自分がどういうツイートを削除したくなるかが徐々に見えてくる、という側面もある。

気楽に失敗ができるから、気楽に挑戦ができ、挑戦ができるからちょうどいい塩梅あんばいが見えてくる。

 

デメリット

ツイ消しのデメリットとしては、フォロワーとの信頼関係が傷つくことがある。

せっかく「いいね」をしたツイートが、次の瞬間削除されると、「あれ、自分のせいかな」と気になったり、「どうせこのツイートもツイ消しするんだろうな」と思ってツイート自体がどんどんと軽くなり、反応が薄くなる。

また、「ツイ消しするひとはメンヘラだ」と言われることもある。

確かにあまりに頻繁にツイ消しを繰り返せば、情緒不安定なんだな、メンヘラかな、という印象を抱かれるし、考えずにツイートをするひとなんだな、と思うひともいるかもしれない。

あるいは、先ほどのメリットが裏目に出て、どうせ削除すればいいから、と激しい感情をそのまま吐き出し、それから慌ててツイ消しをしても、見ているひとは見ているし、だんだん歯止めが効かなくなったり、気づくと癖になっていることもある。

以上のように、ツイ消しが多すぎると、離れていくひとも出ていくかもしれない。

ただ、割とツイ消しは誰もが行なっているので、ツイ消しだけでどうこうというより、削除されるツイートの内容や頻度とも関連してくると思う。

ツイ消しには、それぞれメリットとデメリットがあるので、上手に付き合いながら、場合によってはSNSからいったん距離を置く、というのも一つの方法だと思う。

垢消しの意味と心理

ちなみに、ツイ消しならぬ、垢消し、アカ消しといった言葉もある。

これは、ツイッターにせよ、インスタやLINEにせよ、アカウントごと削除することを意味する。

この頻繁に垢消しをするというのも、しばしばメンヘラ扱いされることがある(LINEが偽名だったりアイコンがしょっちゅう変わるひとは信用できない、という声もある)。

垢消しの心理は、たとえ分身やバーチャルとは言っても蓄積されていく自分や、ツイッター上の人間関係が丸ごと嫌になり、自分の過去や分身を終了リセットしたくなる「擬似自殺」に近い側面があると思う。

もう少し柔らかい言い方で言い換えると、「擬似ひとり旅」や「擬似引っ越し」と言えるかもしれない。

ネット世界に限らず、現実社会でも、ふと何もかも捨てて「ここではないどこかへ」行きたくなる、というのはある。

新しくリセットしたいと思うことは特に異常なことでもなく、そのリセットを、バーチャルで擬似的に行うのが垢消しなのだと思う。

これも、ほどよく行えば、現実社会で身動きが取れないぶんSNSで発散できるというメリットがある。

一方で、ツイ消しと同じく、「どうせ垢消しすればいい」と好き放題にしたり、リセット癖がつくリスクもある。

結果、自分で自分を追い詰めていくことにもなりかねないので、そのバランスには気をつけたほうがよいと思う。

3+
ABOUT ME
U
U
桜のきれいな町に住んでいるピエロです。