思考メモ

東京と犬の遠吠えとサイレン

東京と犬の遠吠えとサイレン

最近気付いた東京と地元(某地方)の違いの一つに、犬の遠吠えがほとんど聴こえない、というのがある。

たぶん東京のような都会は騒音などのご近所トラブルを避けるために、室内犬、小型犬が主流で、外で犬を飼っているひとは多くないのだと思う。

室内犬にしても、観葉植物にしても、都市部は公共の空間よりも私的な空間に自然を抱え込む。

田舎なら、概ね犬は外(と言っても庭だが、鳴き声はより外側に届くという意味では公的空間に近い)にいるし、植物はいくらでも外に生えている。

話を犬の遠吠えに戻す。

僕の地元では、家で飼っていた犬にしても、他の家の犬にしても、一匹が遠吠えをすると、連鎖するように遠吠えをする。

特に思い出すのは、五時のチャイムや町内アナウンス、パトカーや救急車のサイレンのとき。一匹が遠吠えを始めると、どこか遠くでも遠吠えが始まる。

これは遠吠えが連鎖しているのか、同時発生的にアナウンスやサイレンに反応しているのか、その辺りはよく分からない。

犬がサイレンで遠吠えをする、というのは、別に日本に限ったことではなく、海外でも一般的なようだ。

サイレンで遠吠えをする理由としては、注意を促すためか、飼い主や仲間から引き離される不安感があると言う。

ご存じのようにイヌはサイレンなどの大きな警告音を聞くと遠吠えをする。米国動物愛護協会によれば、これは注意を促すためか、飼い主や仲間と引き離される不安感からだそうだ。

出典 : イヌはなぜサイレンで鳴く? 遠吠えの様々な理由|ナショナルジオグラフィック

不安感、というのはしっくりくる。「ウオーーーーン」という遠吠えの声音は、聴いていても寂しさや不安感が伝わってくるような気がする。

ところで、どんな種類の犬でも遠吠えはするのだろうか。

YouTubeで検索すると、ゴールデンレトリバーもトイプードルも柴犬もチワワも、ちゃんとサイレンで遠吠えをしていた。

動画 : 【トイプードル遠吠え】サイレンに反応するトイプードル犬!メス鳴き声

動画 : 救急車に応答する柴きいちろう ここにいるよ!

動画 : 遠吠えするチワワ

誰に教えられたわけでもなく、野生からも遠ざかっているにもかかわらず、サイレンで遠吠えをするということは、ああいう類の音に遠吠えをするという習性自体、本能的なものなのだろうか。

0
ABOUT ME
uta
uta
桜のきれいな町に住んでいるピエロです。