雑学

ジブリの本棚

ジブリの図書館

三鷹の森ジブリ美術館には、宮崎駿監督とジブリ美術館がおすすめする絵本や児童書が置いてある図書閲覧室があるそうだ。

名前はトライホークス、三羽の鷹(三鷹)という意味だという。

トライホークス画像 : 三鷹の森ジブリ美術館 2017年12月 マンスリーレポート

窓から光が入り、温もりのある木製の内装に、表紙が見える絵本や児童書が陳列されている。

こういう風に、たとえば「ジブリ図書館」のような施設もできたらいいなと思う。

森のなかにぽつんとあるロッジのような図書館で、子供向けというより、大人も楽しんで見られる空間。

スタジオジブリの公式ツイッターでは、「ジブリの本棚」と称してジブリの映画製作にあたっての参考資料や画集など様々な本が載っている。

ジブリの本棚の本は、膨大な量。若い頃から読書家だったという宮崎駿監督。負けじと鈴木敏夫プロデューサーも読書家で、以前、雑誌の特集で鈴木さんの愛読書も物凄くたくさん紹介されていた(鈴木敏夫の本棚にある書籍232冊)。

ツイッターでは、ジブリの本棚は、その後もときおり掲載されている(「ジブリの本棚」一覧)。

これはまだ先のことになるだろうが、こうした本も置かれたジブリ図書館がいつかできたらいいなと思う。

0
ABOUT ME
uta
uta
桜のきれいな町に住んでいるピエロです。