雑学

天狗のお面の奥の鱗滝左近次の素顔とは【鬼滅の刃】

天狗のお面の奥の鱗滝左近次の素顔とは【鬼滅の刃】

漫画とアニメで大人気の『鬼滅の刃』には、様々なキャラクターが登場し、その一人に天狗のお面をつけた鱗滝うろこだき左近次さこんじがいる。

鱗滝左近次は、鬼殺隊に入隊するための育手として、主人公の炭治郎たんじろうを育て上げた師匠である。

年齢は不明だが、四十七年前に鬼を退治していることから、還暦は越えていると推測される。

渋く、かっこいいキャラクターで、炭治郎に、鬼を切るときの覚悟や呼吸法を駆使した全集中など厳しく指導する。

鱗滝左近次の特徴は、なんと言っても、その天狗のお面である。

鱗滝左近次画像 : 『鬼滅の刃』

一体なぜ、天狗のお面で顔を隠しているのだろうか。

鬼殺隊の現役時代から、天狗のお面をつけているといい、作中では素顔が出てくることはなく、謎のままだ。

素顔は分からないものの、鱗滝左近次が天狗のお面をつけている理由としては、「昔、その優しい顔を鬼に馬鹿にされたから」という事情が紹介される。

この鱗滝左近次の素顔については、初代の担当編集者曰く、「当初は天狗のお面をつけていなかった」と話している。

初めにネームを見せてもらったときは、普通のおじいさんでした。ちょっとインパクトがないですよねという話をしたら、原稿の段階ではお面をつけていた(笑)。

聞いてみると、「よいのが思いつかないんで、とりあえずお面をつけてみました!」とおっしゃって。だから、鱗滝の素顔を知っているのは僕だけなんです(笑)。

出典 : 鬼滅の刃の鱗滝左近次、素顔の秘密が明らかに

仮面なしの鱗滝左近次の素顔は、初代の担当編集者しか知らず、普通のおじいさんだったとのこと。

確かに、この天狗のお面によって、いっそう風格が感じられる風貌になっている。

0
ABOUT ME
Ruri
Ruri
桜のきれいな町に住んでいるのんびりしたいピエロです。映画と読書、その他、色々と好きです。